レクサス新型LSカメラ搭載し自動運転を開発

レクサスの変わった車が、最近街中で目撃されています、これは自動運転のテストを行っている車だと言われています。

最近、中国企業とも新たに自動運転の技術で提携し他ので、ますますこの車を見かけることが増えてくると思います。

専用のレクサスLSがベースになっており、ルーフには、ライダー(LiDAR)、レーダー、カメラ、高精度測位システムなどを装着しています。

車内には、いつでも自動運転車両制御システムに介入して、それを無効化できるドライバーと、システム全体を監督するオペレーターが同乗しているそうです。

レクサステスト

レクサステスト車

様々な場所で目撃されているので、Twitter上でもすぐに探すことができます。

日産が新型スカイラインで自動運転を搭載して発売していますが、レクサスも日々自動運転の実験を繰り返しているようです。

テストの車は、LSだけでなくRXがベースになっている車もあります。

自動運転は、間も無く完成するとも、既に完成しているとも言われています。

自動運転が実現すれば、今現在、何らかの理由で車が乗れずに不便に感じている方の救世主になると言われています。

何より、交通事故が激戦すると言われています。

ただ個人的には、車の運転が好きなので、自動運転が開始されると、自分でも運転できるモードが設定されるのかどうか気になります。

でも、命に関わる事故が減るのは本当にいいことだと思うので、是非早く実現して欲しいと思います。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする