大東建託の家賃が払えない場合の対処法

大東建託のマンションを借りている人なら、誰でも一度は、家賃が払えないという体験した事があると思います。

絶対に払わなければならない家賃ですが、どうしても緊急の出費があって、家賃の支払いが出来ない場合になってしまった時は、まずは大東建託に連絡を入れて下さい。

そして現状を相談していつまでに家賃を払うという連絡を入れてください。

ただ、基本的には大東建託は、2ヶ月間の家賃の滞納を認めてくれません。

2ヶ月滞納となってしまうと、部屋を出なくなる場合もあります。

と言っても、どうしても家賃が払えない場合は、消費者金融に借りてでも払わないといけません。

とは言っても、消費者金融に借りるのに抵抗がある人もいれば、消費者金融にお金を借りられない人もいると思います。

そんな時に、お金を借りる方法として給料ファクタリングと言うか手法があります。

給料ファクタリングとは、給料の前借りサービスです。

毎月もらえる給料を先にもらうのが給料前借りですが、正直会社に相談するのは難しいと思います。

そんな時に役に立つのが、給料ファクタリングを行ってくれる会社です。

要は、勤務先の会社に変わって、あなたの給料を先払いしてくれるんです。

当然ながら手数料は必要になりますが、給料を前借りさせてくれます。

ただし、借金ではないので、CICなどの個人情報に借り入れが掲載されることはありません、給料前借りなので返済する必要もありません。

家賃分だけを給料前借りして、大東建託の家賃を払ってください。

まずは家賃を払わないと生活が安定しません、どうしても大東建託の家賃が払えない場合は、給料ファクタリングを利用してください。

安心の給料ファクタリングはこちら

くれぐれも、大東建託の家賃は2ヶ月以上は滞納しないようにしてください!!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする